FAXソフトを使いました

1998年9月8日

9月1日の「gsys便り」で、FAXソフトについて書きました。そのソフトが入荷し使ってみました。
想像どおり、便利なものでした。

FAXで送った結果は、良好です。表計算で作成して、FAXで送っていた注文書を、直接FAXソフトで送ってみました。レザープリンタの印字より少し線が細くなりましたが、FAXで来たとは思えないほどきれいなものでした。

4ヶ所に対する同報送信のテストもしましたが、4ヶ所とも無事に送信できて、結果を返してもらいました。1社は字がかすれ、もう1社は少し汚れていましたが、2社はきれいなものでした。これは、帰りのFAXの状態のようで、相手の話では、結果は良好とのことでした。

ただ少し問題がありました。通常使っていたエクセルの注文書が、幅がA4のページをはみ出して2ページになってしまったことです。FAXソフトでの1ページの幅は、両サイドに25ミリくらいの余白を取らないといけないようです。エクセルの標準の余白にしておけば問題ないかも知れません。今回は、注文書の印字幅が狭くなるように修正しました。

ソフトの使い方については、最近使っているソフトと少し勝手が違いました。ボタンにつけてある名前の書き方などに戸惑いました。作った所が違うわけですから、仕方の無いことかもしれません。慣れるしかありません。

送付案内をつけたり、文書のみを送ったり、送付案内のみを送ったりと、通常の内容と変わりなく送れます。

受信のテストはまだしていません。他のソフトとの兼ね合いで、送信のみにするようにということで、しばらく見送ろうと思います。また、受信は紙に出る方が安心なような気もします。

使用したソフトは、住商データコムのMultiPort FAXU for Windows NTというソフトです。
使用したモデムは、AIWAのPV-AF3361 WW という機種です。