寝てしまったパソコン

1998年9月19日

パソコンショップに来ているお客さんで、本当にこの人が使えるのだろうか、と思えるような会話を店の人としているのを、以前はよく見ました。こんな状態で買ってしまったら多分使わないでホコリをかぶるだろうと思っていました。

昨日そんな機械を見ました。本体、プリンタ、パソコンラック一式で、ソフトはWindows 3.1が入っているだけで、他になにも入っていません。家でカバーを掛けたままだったので会社へ持ってきたけど誰も使わない、とのことでした。アプリケーションソフトが入っていないわけですから、使うに使えません。世間にはこんな「寝てしまったパソコン」が相当あるのではないでしょうか。

パソコンを家で使うというのは、仕事を家でする、インターネットをする、ゲームをする、年賀状を書く、そんな時ではないでしょうか。器用な人なら、いろいろ使い道はありますが、普通にはそんなに使えるものではないような気がします。

最近では、インターネットが普及してきて、ホームページを見たり、メールマガジンを取ったり、オンラインショッピングをするだけで、買う価値が出てきたと思います。それに、ワープロ、表計算があれば、自宅で仕事も出来ます。住所録なども使えます。家族全員が使えます。

ホームページを見るだけなら、操作は簡単です。先ずインターネットから始め、ワープロ、表計算へと進んで行けば、流行のパソコンも自分のものに出来るのではないでしょうか。

パソコンを使いこなすには、よく知った友達を見つけるのが一番です。パソコンショップで買う時も、その友達と一緒に行きましょう。まだまだ高価です、なにをするか決めてから買いましょう。