工事写真集ソフト

1999年9月16日

 建築などで役所工事をする時に、工事経過の写真を提出するのは当り前のことになっていますが、その工事写真集を作るソフトを見ました。デジタルカメラが出た時にこれを使えば便利だろうなと考えていましたが、あるオンラインショップでそのセットを販売しているのを見たことがありました。今回実物のデモを始めて見ました。

 基本はアルバムソフトで、それを工事写真集の形式に作ってあるだけのものですが、1冊のアルバムに工事1件分を記録する形式になっています。デジタルカメラで写真を撮り、それをパソコンに読み込ませる。その写真から必要なものを工事写真集に貼りつける。その操作は一覧になった写真からドラッグしドロップするだけ。見ていると非常に簡単でした。

 一枚一枚の写真の横に説明をつけますが、工程の名称など決まった名前を前もって登録できるため、それも簡単に出来るようです。1冊目を作るのは少し手間が掛かっても、2冊目からはコピーして作ることが出来るために、似たような工程の工事であれば非常に楽になります。

 写真は心配なために同じところを何枚も撮りますが、デジタルカメラであれば何枚撮ってもその場で必要なものだけを残すことが出来ます。工事写真集を2冊作るとすれば、手作業では同じことを2回繰り返す必要がありますが、このソフトを使えば作業は1回で済みます。

 必要な道具としては、パソコン、デジタルカメラ、カラープリンタ、保存のための光ディスク装置などがあればいいでしょう。写真は容量が大きくなるために、補助記憶装置は必須かも知れません。また、印刷は最近流行のカラーレザープリンタを使えば、スピード的にもほとんど問題なく、インクジェットプリンタよりお勧めかも知れません。

 販売は、オリンパス販売株式会社です。関連リンクの「オリンパス工学」の中に詳しくあります(製品紹介→デジタルカメラ→「蔵衛門“工事写真”Ver6.0」)。価格は19,800円です。上位バージョン「蔵衛門’工事写真’御用達」は、76,000円とのことです。オリンパスのカメラとセットで買うといいのではないでしょうか。

関連リンク: オリンパス工学「蔵衛門“工事写真”」、