お客様紹介:さつま麺業

1999年12月17日

 当社のお客様の中に、ラーメン・うどん・そば・宅配すし・弁当・仕出しの店を27ヶ所展開されている「さつま麺業株式会社」という会社があります。今月、28店目のうどん店がオープンします。

この会社で楽しみなのは新しい店がオープンする毎に、店のお披露目に呼んでいただけることです。2年半くらい前にオフコンからパソコンLANに入れ替え、その後にすべての店舗をISDN回線で結びWANを展開することになりました。そのため、新規店舗がオープンする都度呼ばれることになります。

 店舗と本社の間をWANで結んでどんな効果があるだろうか、とお考えかも知れません。全店にパソコンを置いて操作が出来るのだろうか、無駄になりはしないだろうか、誰もがそんな心配をすると思います。しかし見事に使いこなしておられます。

詳細は企業秘密ですが、店からは、食材の発注、売上・来客数などの営業報告、お金の出入りに関する経理報告、店で働く人のタイムカード、などをパソコンで処理し本社に集約する仕組みになっています。

 これがどんな効果を出すかは簡単に想像できると思います。一つに、本社側の管理要員を削減する効果があります。二つ目は、各店の動きをタイムリーに把握できる効果もあります。結果的に、店舗が増えても本社の管理要員を増やさないで済むことになります。

年間売上が3倍になっても、本社の事務要員はそのままの状態で運営できています。さすがに最近では手が足りず、繁忙期には派遣社員を使ったりされるようですが、常勤の人員は増やさず効率のいい事務処理を実現しています。

 そんな中で、今回、グループウエアとウェブサーバーを導入することになりました。社内向けには、掲示板や共有スケジュール、メールの採用で、相手の時間を制約しない通信手段を確保したいという試みです。社外へ向けては、お店の紹介やオンラインでラーメンやうどんが購入できるホームページをもうすぐ公開します。

 新しいきれいなうどん屋さんの裏に、こんなハイテクが隠れているのを想像できるでしょうか。28店目は、鹿児島市内、産業道路沿い、南警察署の近く「うどん茶屋 一徹庵」です。化学調味料をいっさい使わない、というこだわりのうどんをぜひ食べに行ってみて下さい。12月20日オープンです。