IT推進アドバイザー

2002年4月14日

 「IT推進アドバイザー」というのをご存知ですか。

これは、「中小企業総合事業団」が都道府県の中小企業支援センター(鹿児島の場合「かごしま産業支援センター」)を窓口として派遣される専門家のことです。中小企業診断士など公的資格を持った方が多いようです

 「情報通信技術の進歩により経済社会の構造変革が急速に進み、企業にとってはこれらの事項に対応せざるを得ない環境になってきていることをお気づきと思います。」

「ITとはなにか、ITへの取り組みは、現在のシステムでよいのか、新システムをつくるにはどうしたらよいか等、質問、疑問にコンサルティング、システムマネジメントの実績を持った各分野の専門家がお応えいたします。」

質問の内容を外部に公表することはありません、他のコンサルティングを受けていても構いません、公的支援なのでシステム会社の斡旋などは行いません、とあります。

対象は国が認める中小企業で、費用は1人・1日当り15,000円、旅費その他の負担は一切ありません、ということです。

 私が、企業の側でシステム化の検討していた時期(17年以上前になりますが)には、国や県が支援してくれる制度はなかったように思います。会社を辞めてコンピュータシステムを提案する側になってからも、税制上の優遇策はあっても、このような支援策は知りませんでした。

 実は、経験を認められてか、私自身も平成13年12月3日から登録され、今年度も続いているようです。違う人の意見として「IT推進アドバイザー」の制度を是非活用して欲しいと思います。

 関連リンクを見てもよくわかりませんが、検索エンジンで探すと活動内容がわかります。但し、「かごしま産業支援センター」のホームページでは「IT推進アドバイザー」の言葉さえなく、話が来たこともありません。登録されていることも忘れるくらいですから、鹿児島では利用されないのかも知れませんね。

関連リンク: 中小企業事業団「企業行動支援データベース」、 かごしま産業支援センター、