それでもデルを使うか

2005年1月27日(金)

 2004年、パソコン出荷台数で、世界のトップシェアをとったメーカーはデルです。2位はヒューレットパッカード、3位は中国のレノボにパソコン部門を売却するというIBMです。(ガートナーより)

私どもの会社でも5年ほど前からデルを購入しお客様に納めています。その後も、非常に安く買えるということで継続していくつかのユーザーに納めております。

 その1社で問題がありました。サーバーとクライアント5台を納めましたが、この5年以内にクライアントの全てが故障しました。内2台は3年経っていた為、修理代が高いということで中古機と買い換えました。

中古も同じメーカーにしたのですが、それに問題がありました。デルでは所有者が変わった場合には、それを特定できない為、修理しないとのことです。この中古機はあるリース会社がレンタルしていた機械を中古へ廻したものです。そこから証明してもらえれば修理してくれるのでしょうか。デル以外のメーカーなら修理はしてくれたと思いますが・・・

 もう1社のデルユーザーは、5年しかもたないように作ってあるのだろうか、と思えるほどリースが切れる頃になったら故障が頻発しました。

 しかし、5年経過しますが、いいこともあります。2社ともサーバー機には問題がありません。しかも現在のシェアはトップです。デルを使い続けるべきでしょうか・・・。