現代システムホームへ

●給与計算入力

back.gif (1041 バイト) next.gif (1028 バイト)

keisan.jpg (73784 バイト)

この画面で、勤怠データ、変動データを入力しますと差引支給額が計算されます。

 

ball2.gif (386 バイト)社員番号

modoru.gif (888 バイト)

給与マスタに登録してある社員番号を入力します。
処理は、社員ごとになっていますので、一人分ずつ入力することになります。所属、計算区分等が変わった時は、給与マスタの変更する必要があります。

ball2.gif (386 バイト)対象年月・その他

modoru.gif (888 バイト)

給与計算入力を行なう前に必ず、給与計算準備をしておかなければいけません。この準備で対象年月、支給日、給与・賞与のどちらかを指定し、その内容がここに表示されます。

ball2.gif (386 バイト)日数/時間

modoru.gif (888 バイト)

勤怠記入表(期間内の勤怠を書出したもの)などより、実際に勤務した日数や時間を入れます。
出勤日、有給日、欠勤日、特休日の4つがゼロだと、計算しない事になります。

ball2.gif (386 バイト)支給項目

modoru.gif (888 バイト)

基本給及び、役職手当、通勤手当などの給与の支給に関係する固定項目を表示します。
手入力項目以外は自動計算されます。日数/時間の入力後に、基本給〜遅早控除までを計算表示し、他手当入力を行ないます。

ball2.gif (386 バイト)控除項目

modoru.gif (888 バイト)

社会保険及び、諸税金、積み立て等の控除項目を表示します。
支給項目の他手当入力後に、総支給額、非課税、雇用保険、所得税を所定の計算方法によって自動計算します。
他控除等の手入力項目を入力すると、控除合計、差引支給額等が表示されます。結果がよければ「書込」ます。

ball2.gif (386 バイト)全般

modoru.gif (888 バイト)

1.給与計算入力の画面レイアウトは、給与明細書とほとんど同じ見た目ですので、結果確認がすぐでき、間違いに気付きやすくしてあります。

2.サブメニュー(タイトルバーの下に用意されたプルダウンメニュー)が用意されています。
内容は、所属別集計照会・給与台帳照会・給与明細照会、給与マスタ登録などです。これを使えば入力中にマスタを変更したり、照会で入力チェックをしたりできますので、非常に便利です。

3.一度計算を行った後に、給与マスタ等を変更した場合は、再度給与計算入力をすると結果が修正されます。

4.
ボタンの使用、ファンクションキーの使用は全プログラムについて共通です。

 

back.gif (1041 バイト)next.gif (1028 バイト)